専用の対策化粧品でケアを

女の人

オイルクレンジングは注意

肌が普通の人以上に刺激に反応しやすい敏感肌の方は、普段のスキンケアについても十分注意をして進めないと、思わぬ肌トラブルを招く可能性があります。スキンケアで最初に行うクレンジングについても、敏感肌の方の中には荒れるのを怖がって、洗顔回数を減らそうとする人がいます。しかし肌を良いコンディションで保ち、肌老化を予防するためにも正しい洗顔方法を身につけた方が、結果的に肌荒れは少なくて済むはずです。最初に用いるクレンジングは、敏感肌の方は刺激が弱いものをチョイスします。オイルクレンジングのような刺激の強いものは避けた方が安全です。また化粧水や美容液も同様に注意したい成分があります。ビタミンCもその1つで、美容成分ですが刺激が強い面もあるのでビタミンCの配合量が多い化粧品には、十分気をつけておきます。

多くの場合は乾燥肌を伴う

医学的な名称はないですが、外部の刺激から肌がヒリヒリと感じたり、化粧品などを使用したときに違和感や染みたりといった感触がある場合に、敏感肌と呼ばれています。敏感肌は多くの場合は乾燥肌を伴っています。肌が乾燥していると、表皮のバリア機能もしっかりと働かないので、外部の刺激がダイレクトに伝わります。そうするとさらに肌へのダメージがひどくなる悪循環を繰り返す恐れが出てきます。加齢によってエラスチンやコラーゲンなどの成分が失われ、水分保持機能が衰えると敏感肌になりがちです。それ以外にも紫外線やアレルギー反応、間違った化粧の仕方などで引き起こされることもあり、対策用の専用化粧品が多く販売されています。